犬、猫サプリメント パンフェノンの効果情報

※パンフェノンのサイトmenuはコチラ

犬・猫の飼い主さんによる健康サプリ「パンフェノン」の効果報告

本サイトにお越しいただきましてありがとうございます。
本サイトでのスケアクロウのペットのサプリメントの販売は終了いたしました。
スケアクロウの公式サイトやパンフェノン楽天市場一覧 を参考にお知らせいたします。よろしければご覧下さい。

また、愛犬ペットサプリ「ミドリムシの力」「ミドリムシナチュラルリッチ」(ニンゲン用ですがワンコもOK。うちのコも飲んでます)水素水「アキュエラ」(こちらもニンゲン用ですが、私はもしもの時ように購入しています)なども良いようです。
こちらもよろしければご覧ください。


  • 犬種: ミニチュア・ピンシャー
    年齢:
    病名: その他
    使用サプリ: パンフェノン
    2年程前から理由も無く前足を痛がり病院で診察して頂いて 色々薬を変えて最終的にはステロイド系の薬で酷い痛みは 解消されましたが暫くして今度は異常な飲水とお漏らしで大変でした。 そんな時注文した商品と一緒にパンフェノンのサンプルの注文ができ 症状を記入して送った所、飲み方等親切に対応して頂きアドバイス通りに 朝晩2回2錠づつ3ヶ月間きちんと飲ませ半月位からみるみる元気になり、お漏らしもなくなり薄かったオシッコも色が分かるようになりビッコも ひかなくなりました。今では家族で1番元気です。 散歩も大嫌いだった子が真っ先に玄関に向かう姿は本当に幸せそうで 涙が出そうな位嬉しいです。 パンフェノンを飲ませるきっかけを頂けて今は感謝の気持ちで一杯です。
  • 犬種:ボーダー・コリー
    年齢:
    病名:アレルギー
    使用サプリ: パンフェノン
    アレルギー皮膚炎でステロイドなど病院で使っていましたが 使っているときは良いのですが完治にはいたらず、試しに パンフェノンの事を知り投与初めて一週間くらいで赤い皮膚が ピンク色に変わり一ヶ月位から毛が生え始めました。まだまだ始めの一歩ですがしばらくは頑張りたいと思います。
  • 犬種: その他猫種
    年齢: 推定16〜18才
    病名: 心肥大 腎不全
    使用サプリ: パンフェノン
    日本猫(三毛)/にゃんちゃん 推定16〜18才 メス 3kg前後
    夏からパンフェノンを与えています。年齢的なこともあり、腎不全と心肥大になっている我が家の猫。腎不全の数値はかなり安定しているのですが、今年になってから、以前より咳をする回数が増えていることが気になっていました。そこで、以前から興味があったパンフェノンを与え始めました。すると、1ヶ月ほど経ったころでしょうか。 「なんだか、最近咳の音を聞かなくなった気がする…」と思い始め、やがてそれは「やっぱり咳しなくなった!」という確信に変わりました。そして今ではほとんど咳をすることはなくなりました。先日一度だけ「コホッ」という音をきいて、すごく久しぶりな感じがした のを覚えています。 腎臓、心臓の治療でエースワーカーという薬を毎日服用していますが、パンフェノンとの相乗効果があるのではないかと思っています。エースワーカーだけでは咳は治まらなかったので…。自分から餌を食べることをしなくなり、食べさせてやる毎日ですが、それ以外はとても元気に過ごしています。若いときと比べると色々手はかかりますが、やっぱり可愛くてたまらない 大事な存在です。この調子で寒い季節を乗り切り、長生きしてほしいです。 今後ともよろしくお願いいたします。
  • 犬種: 柴犬
    年齢: 5歳
    病名: アレルギー
    使用サプリ: パンフェノン、パンフェノンエッセンス
    アトピー治療を促進させるためパンフェノン、パンフェノンエッセンスを使い始めて8カ月を経過しました。使い方も症状を見ながら工夫してきたこともあり当初から比べると効率的になったように思います。動物病院の先生が処方する飲み薬のステロイド剤、塗り薬デルモゾールは引き続き使っていますが、症状の改善に伴い、使用量は大幅に減りました。現在、デルモゾールとパンフェノンエッセンスを塗る場所を分け、それぞれの効果を確認中です。デルモゾールは、湿疹に塗るとその効果は比較的早く認められます。しかし、デルモゾールを繰り返し使うと、薬負けとでも言いましょうか、一種の副作用として、皮膚がカサカサに、フケだらけになります。ですから湿疹にピンポイントで塗り、周辺に塗り広がらない様にしなければなりませんが、これが結構難しい。 これに対して、パンフェノンエッセンスは効果の出方はデルモゾールより遅いのですが、副作用は一切なく、肌がカサカサになることもありません。また、デルモゾールで治療した湿疹は一旦湿疹が消えた後早期に再発するのに対して、パンフェノンエッセンスで治療したものは再発までの時間が長いという違いもあります。これは、パンフェノンとの併用による相乗効果なのかも知れません。パンフェノンとデルモゾールの組合せにも相乗効果はあるのでしょうが、素人には分かりません。 以前は散歩中でもよく痒いところを後ろ足で掻いていましたが、今はそのような仕草は殆ど見られません。 アレルギーは完治が難しいので、これからも上手に付き合って行かなければならないでしょう。
  • 犬種: 柴犬
    年齢: 5歳3ヵ月
    病名: アレルギー
    使用サプリ: パンフェノン、パンフェノンエッセンス
    ヒナ(柴犬、メス、5才3ヶ月)がアレルギー性皮膚炎であるのを認識したのは2歳10カ月の時でした。病院で処方されたステロイド剤(プレドニゾン、セファレキシン)の服用を開始しました。昨年4月血液検査の結果、アレルギーの原因がハウスダストであることが判明しました。ステロイド剤の服用は継続しましたが、湿疹が重くなり始めたため、本年4月から塗り薬デルモゾールを使い始めました。その直後にインターネットで出会ったパンフェノンとパンフェノンエッセンスを併用し始めました。 暫くの間、症状の改善は認められませんでしたが、7月にパンフェノンエッセンスンの大量塗布を実験したところ、劇的に改善し始めました。大量とはエッセンス1本を7日間で使い切りました。柴犬はダブルコートの犬ですから、どうしても下毛に邪魔されて皮膚に薬液が届きにくかったのです。エッセンスを確実に皮膚に塗り込めれば、デルモゾールより遥かに早く効果が現れ、また小さな湿疹は2〜3回の塗布で消えました。 これは、エッセンスだけの効果ではないでしょう。朝晩に各2錠ずつ服用しているパンフェノンによる体質改善が少しずつ現れているのでしょう。ステロイド剤の服用は未だ続けています。ただ毎日服用していたものが、今は3日に1回の服用としてます。それでも痒いところを足で引っ掻いたり、咬んだりする行動はめっきりと減りました。 一つ問題なのはエッセンスは高価なため、大量塗布は経済的負担が大きく、続けられません。大量塗布を2週間(2本)続けた後は、デルモゾールとの使い分けで対応しています。 ヒナもエッセンスやデルモゾールを塗られることにより、自分の湿疹の痒みが軽減することを理解しているのでしょう。薬を塗ろうとすると大人しく、私が塗りやすいように身体を預けてきます。 アレルギーは人間にしろ犬にしろ完治が困難なものです。一番大事なのは根気でしょう。決して諦めることなく、粘り強く治療を続けることです。
  • 犬種: ミニチュア・ピンシャー
    年齢: 6歳
    病名: その他疾患
    使用サプリ: パンフェノン、グルコサミン
    ☆グルコサミン飲用前
    3年半前頃、避妊手術の後の体重増加による 足への負担と、自己免疫不全による痛みと診断され、 前足は触れることも嫌がります。 爪切りと散歩の足拭きを嫌がらない様になると とてもありがたいのですが…
    ★飲用後
    投与期間2ヶ月 現在も投与中 以前より前足を触られても嫌がらなくなりました。 まだ爪切りは使えませんが、電動の爪やすりは使えるまでになり 随分楽になりました。 何よりも、いつの間にか寝起きの足の引きずりが全くなくなった 事に驚いています。 そのおかげか、お気に入りのおもちゃで遊ぶ事が多くなり、 投げてもらうのを楽しそうに待って家中走っています。 散歩も自分から行く素振りを見せたり、 高い所にも平気で飛び乗って、 こちらが心配になるほど元気になりました。
  • 犬種: チワワ
    年齢:
    病名: その他疾患
    使用サプリ: パンフェノン、グルコサミン
    【グルコサミン】飲用前
    2012年2月末に、痛がりはしませんでしたが足をひいていたので 獣医さんに診てもらいましたが、筋を痛めただけで問題ないとの事。 薬も注射もなく、その後足をひかなくなったので大丈夫かな?と 思っておりました。 しかし、その後、獣医さんでシャンプーをしてもらいお迎えに行った所 物凄い勢いでキャイ〜ンキャイ〜ンと鳴き出し 痛みどめの注射と錠剤の薬を渡されましたが、 当日は痛みからか前足を踏ん張る事が出来ず、タッチもお座りも出来ない状態でした。その後、薬のおかげで徐々に痛みも治まったようですが、 3日程して仰向けにしてみると、 胸から前足にかけて物凄い内出血があり、 急いで獣医に行きましたが、 レントゲンでも骨折はなく、血小板検査でも問題なく、 獣医さんは薬の副作用かも知れない?????と訳のわからない説明。 その後、様子を見ましたが内出血もおさまり、現在では問題ないようです。 しかしながら、その後時々足をひくようになって、少々心配しております。
    投与期間:14日 朝 半粒 夜 半粒
    嗜好性、あげ方: パンフェノンと一緒に
    変化: 最近ぬいぐるみで遊ぶ子とが少なく、あまりジャンプもしなかったのですが 【グルコサミン】をあげ始めてから良く遊んでとぬいぐるみを 持って来るようになりました。 前足を若干引きずっていたのですが、最近では全くそのような事は なくなりました。 9歳になったので、これからも元気でお散歩できるよう 続けたいと思います!!
  • 犬種: 柴犬
    年齢: 5歳
    病名: 中耳炎
    使用サプリ: フランス海岸松樹皮抽出物
    中耳炎をくり返していましたが、毎日4粒で今は全く 症状がありません。 ステロイドの内服より効きます!! 副作用もないので安心して与えられます。 これからもよろしくお願いします。
  • 犬種: シェットランド・シープドッグ
    年齢: 4歳
    病名: アトピー・アレルギー  心臓病
    使用サプリ: パンフェノン
    うちのわんこ、お陰さまで元気に4歳を迎えております。 アレルギーやら心臓やら、パピー時代にあれこれととあり、 食事を選ぶのは難しいだろうし、運動もそうできないから、 結果、あまり長生きはできないだろう・・・なんて、お医者さまに 言われ、半泣きしながらネットで「何かないか!」と探していた時、 フランス海岸松樹皮抽出物に出会い、今に至ります。 アレルギーは処方食に変えたこともあるのでしょうが、 うるうる、かゆかゆ、脱毛ハゲ部分も、すっかり過去のものと なりました。 今では、目やにも充血もない、きらきらなお目目、 毛並みもつやつや、ふさふさ、親バカですが通りすがりに よく褒められます。 生まれつき弱い心臓のほうも、確かに持久力はありませんし、 夏バテしやすいですが、今の状態なら、お薬を飲ませる必要は 全くないそうです。 お薬を飲んでしまうと一生お薬を飲み続ける事になるそうなので、 その予防のために「朝と夜、小さい2粒」をこれからも続けていきます。 そうそう、与えるタイミングのせいもあるのでしょうが、 (夜は寝る前、朝は私が仕事に出かける直前) 気持ちよくウトウトと眠たくなるみたいです。 小さな粒だけど、血行が良くなるとか、何かあるのかな〜なんて見ています。 人もわんこも、血がさらさらなのは健康に大切な事なのかも・・・。 いつか、自分用にフランス海岸松樹皮抽出物Hも使ってみたいな〜 なんて思ってます。
パンフェノンの詳しい情報を見る

このページでは、愛犬や愛猫の健康についてお悩みの訪問者の方が、スケアクロウのペットの健康補助食品、サプリメント「パンフェノン」を安い価格、料金で通販や申込ができるように、楽天などのお店の販売店を調べ、激安、格安、最安値、送料無料で購入できるかどうか、お試し、トライアルセットがあるか、ポイントは?値引きは?などの情報を紹介する予定です。公式サイトやブログ、コマーシャル、CMなどを情報源に、口コミ、クチコミ、レビュー、使い方、使用方法、選び方、やり方、飲ませ方などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、結果、成果、メリット、デメリットなどについても調査していきます。

ポジショントレード